お役立ち

無料のメール配信システムってどんなもの?【おすすめ4社紹介】(2021年7月調べ)

2021年7月現在メール配信システムおすすめ4選

この記事は下記のような悩みを持つ人に向けて書いています。

  • 無料で使えるメール配信システムを探している
  • 他社からの乗り換えを検討している。まずは無料で試してみたい
  • ひとまず無料で試し、効果があるなら有料版に変えてメールマーケティングを本格化させたい
  • メールマーケティングを始めたいが、無料がいいのか有料がいいのかわからない

メール配信システムは、BtoB・BtoCを問わず、メールマーケティングを行う企業にとって非常に役に立つシステムです。集客・コンバージョン獲得から、配信作業の効率化・人的コストの削減など、あらゆる場面で効果を発揮します。

しかし、利用経験のない企業がいきなり有料システムを導入するのはためらいがあるでしょう。

そこで本記事では、気軽に利用できる「無料のメール配信システム」について紹介します。具体的には、「基礎知識・システムを選ぶ基準」「無料版と有料版のメリット・デメリット」などを解説します。

また、無料のメール配信システムおすすめ4選も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

無料のメール配信システムとは?

メール配信システムは、自社で持っている顧客リストに沿って一斉配信できます。

通常、大量のメールを高い到達率で配信するのは困難ですが、メール配信システムを利用すれば各キャリアやプロバイダに最適な形で配信できます。

システムで利用できる主な機能は以下のとおりです。

  • 配信スケジュール(日付・曜日・時間など)の設定
  • 属性別に送信できるセグメント配信
  • デバイス別にフォントや画像サイズを最適化できる
  • メールの到達率・開封率の確認

メール配信システムには、無料で利用できるサービスと有料のサービスがあります。

無料のサービスは、有料システムを提供するサービス会社が用意した無料プランを利用するものです。

サービス内容は、登録アドレス数やサポートなどが一部制限されますが、機能を一通り試せるのでシステムを利用したときのマーケティング効果を確認できます。

無料プランでシステムの力を実感し、「これからメールマーケティングを本格化させたい!」というタイミングで有料版にアップグレードするのが一般的です。

無料か?有料か?の前に自社の目的や用途を明確にしよう

メール配信システム導入は、御社の導入目的を明確にすることが大切です。御社の目的が達成できなければ、無料であっても導入すること自体が無駄になりかねません。

まずは「御社がメール配信システムを利用して達成したい目的」を決めましょう。

導入目的で多いのは「メールの到達率を上げる」

メール配信システムの導入目的で多いのは、やはり「メールの到達率を上げる」です。

到達率が高くなればユーザーに情報を届けられる確率が上がるので、メール本来の目的であるユーザーへの情報提供を途切れさせず、継続接触もキープできます。

また、到達率が高くなれば、メールの件名で商品名やサービス名をアピールできます。

メールの件名にアピールしたい商品名・サービス名を入れて配信すれば、「〇〇ならA社」というユーザーの純粋想起を得ることが可能です。純粋想起が得られれば、ユーザーにニーズが発生したとき、自社商品やサービスが選択肢に入りやすくなります。

到達率向上以外の導入目的例

到達率以外のシステム導入目的として、以下の内容が考えられます。

  • メール配信の効果を測定してPDCAに活かしたい
  • デザイン性の高いおしゃれなメールを配信したい
  • 多くのメールを短い時間で送りたい
  • 自社システムと連携し、作業の効率化をはかりたい

メール配信システムは、「自社のメールマーケティングの規模をどこまで拡大する予定なのか?」「そのためには、どのような機能やサポートが必要になってくるのか?」という将来を見据えた検討が必要です。

無料と有料、それぞれのメリット・デメリット

メール配信システムを「無料か?有料か?」で選ぶ場合も、御社の目的によって変わります。

自社に最適なシステムを選ぶためにも、両者のメリット・デメリットはしっかり把握しておきましょう。

無料のメール配信システムのメリット・デメリット

無料のメール配信システムは、「システム導入の必要性は感じているけれど、いきなり有料プランを利用するのは気が進まない」という企業におすすめです。

無料のメール配信システムのメリット

  • 気軽に利用できる
  • 基本的な機能は一通り使える
  • 無料版で操作を覚えられるので、有料版にアップグレードして機能が追加されても効率よく運用できる
  • 有料版にアップデートするのも比較的簡単にできる

無料のメール配信システムのデメリット

  • メールマーケティング拡大に必須である、配信数・登録アドレス数に制限がある場合が多い
  • 自社メールとは無関係な内容の広告が入るシステムもある
  • 使える機能が一部制限されるため、システムの機能をフル活用できない
  • 無料版はサポート対象外であることが多い
  • API連携ができないことが多い
  • 独自ドメインの設定ができないシステムの場合、gmailやyahoo mailなどのフリーアドレスしか設定できない

有料のメール配信システムのメリット・デメリット

有料のメール配信システムは、「導入開始からメールマーケティングを積極的に行うため、機能とサポートが充実しているシステムを探している」という企業におすすめです。

※最初から有料のメール配信システム導入を検討したい方はこちらの記事をどうぞ。

有料のメール配信システムのメリット

  • メール配信システムのスペックをフル活用できる
  • サポートが充実している
  • HTMLメールやステップメールが利用できる
  • より安定した環境で大量のメールを高速配信できる
  • メールに広告が入らない
  • API連携ができる
  • 顧客管理が簡単にできる
  • ユーザーがメルマガ登録してくれたときの「サンクスメール」を自動で配信できる
  • 独自ドメインを使用できる(独自ドメインは、フリーアドレスとくらべると到達率が高い傾向にある)
  • スパムメール(迷惑メール)対策をほどこしたアドレスを提供してくれるサービスがある

有料のメール配信システムのデメリット

  • 初期費用・月額費用などのコストがかかる
  • すべての機能を使いこなせないとき、費用対効果に疑問が生まれる
  • 自社の目的とシステムのスペックのバランスが悪ければ、費用対効果が合わないケースがある

無料のメール配信システム導入を検討するならこの4社がおすすめ

この項目では、メール配信システムを提供している4社を紹介します。

自社目的の達成、そのために必要な最低限の機能などを重視して検討してみてください。

める配くん

める配くん キャプチャ

フリープランの内容

  • 登録アドレス数:120件
  • 送信アドレス数:1
  • 月間配信数:500件
  • 迷惑メール対策済み

フリープランでも基本的に機能の制限はないですが、HTMLエディタは対象外です。

運用サポートも対象外になりますが、広告は入りません。
また、期限なくフリープランを利用できます。

「める配くん」は、導入実績が2,000社を超えるシステムです。

業界最安クラスでありながら、ステップメール・高性能HTMLエディタ・セグメント配信・クリックカウント機能など、機能面で充実しています。

初期設定や操作感もシンプルで使いやすく、有料版であれば、サポートも充実しています。

acmailer(エーシーメーラー)

acmailer キャプチャ

フリーライセンスの内容

  • 送信数:無制限
  • 登録アドレス数:無制限
  • 外部システムと連携も可能 

acmailerへのリンクが付いた著作権を表示していれば、提供される機能はすべて無料で利用できます。

サポートは有料ライセンスのみですが、公式サイトにマニュアルが完備されており、メールに広告も入りません。

「acmailer」は、サーバーに設置するCGI(Common Gateway Interface)タイプのシステムです。

インストールも簡単で、予約配信・絞り込み配信・不着メール管理機能・メルマガ登録フォーム自動生成など、メルマガ配信に必要な機能が揃っています。

フリーライセンスでも機能の制限を受けないので、使い勝手のいいシステムです。

有料ライセンスを購入するタイミングは、フリーライセンス利用時に必要になる著作権表示を失くしたい場合のみです。

MailChimp(メールチンプ)

mailchimp キャプチャ

無料版の内容

メルマガ購読者が2,000人に達するまで無料。
2,000人を超えた段階で有料に切り替わります。
その後、購読者の数に応じて利用料金が上がっていく仕組みです。

メール・チャットでのサポートは有料版のみ対応しています。

「MailChimp」はアメリカ製のシステムで、2018年時点で2,000万人のユーザーが利用しています。

公式サイトはすべて英語で書かれているのではじめは取っつきにくい印象がありますが、各機能の操作が簡単なので、慣れれば直観的な使い方が可能です。

「マージタグ」と呼ばれる差し込み機能・WordpressやTwitterなどのクラウドツールとの連携・LP作成機能・レポート機能など、申し分ない機能が実装されています。

まぐまぐ

まぐまぐ キャプチャ

無料メルマガの内容

  • 配信先:無制限

無料メルマガは、導入費用や管理費用が一切無料で利用できます。

専用のサポートセンターがあり、技術的な質問に丁寧に対応してくれます。

「まぐまぐ」は、多くの著名人が利用していることで有名なメルマガプラットフォームです。

発行できるメルマガは無料で提供できるものと、有料で提供できるものに分かれます。

認知や集客目的で発行するメルマガ配信に特化しており、ステップメールやターゲティング配信などの機能は使えません。

効率よくメルマガ購読者を増やすための機能として、有料のオプションやプラットフォームが提供する広告枠が用意されています。

まとめ:無料のメール配信システムに限界を感じたら有料版にアップグレードしよう

無料のメール配信システムは、御社のメールマーケティング規模が小さいうちは非常に有用です。

しかし、無料版は有料版とくらべて痒い所に手が届かないプランが多いので、マーケティング活動が本格化してくれば物足りなくなるでしょう。このようなとき、有料プランが充実していないシステムだとビジネスチャンスを大きく逃すことになります。

メール配信システム導入を検討するときは、必要な機能を有料プランで追加できる余地のあるサービスを選びましょう。

める配くんでは、先ほど紹介したフリープランの他に、目的やマーケティング規模別に対応できる8種類の有料プランをご用意しております。

御社にピッタリなプランを診断する「料金プラン診断」も行っておりますので、フリープランの利用を前提として、まずはご相談ください。

メール配信について悩むことのない、御社にとっての理想の環境を手に入れるお手伝いをさせていただきます。