その他

2024年2月からGmailメール送信者のガイドラインについての、める配くんの対応状況、ご利用者さまに必要な対応

2024年2月からのメール送信者のガイドラインについて、める配くん(当社)の対応状況、める配くんのご利用者様側でやるべきことをまとめます。

Gmailを利用している人は多いので、1日あたり5000件以上メールを配信するご利用者様は、項目1〜3の対応することをお勧めします
また、5000件以上配信しないご利用者様においても、到達率が変わってくることが予想されますので、ご検討ください。

項目要件める配対応状況ご利用者様が必要な対応確認方法
1SPF,DKIM,DMARC
詳細はこちら
対応可能DKIM,DMARC
についての設定を当社まで申し込みください。
gmailで受信して、確認
2迷惑メール率ご利用者様の配信内容によりますPostmaster toolの設定
こちらを参考ください

不適切なメールアドレスの取得をしないこと、価値のあるメールを配信することが重要です。

その他、受信者のアドレス帳に配信メールアドレスを登録してもらうことも有効です。
PostmasterToolで確認
3送信元Fromドメイン対応可能送信元がGmailやキャリアメールの場合。

変更が必要な場合は、メールアドレスを貸し出しできます。
当社まで連絡ください。
4Reverse DNS対応済みなし
5TLS接続対応済みなしメールのToの左に赤い鍵マークがないか
STARTTLS Test
6RFC5322への準拠対応済みなしチェックツールを使う等
7一斉メールのone-click unsubscribe対応済みなしメールの「購読解除」表示やメールヘッダを見る
8ARCヘッダ近日対応予定なしメールヘッダを見る