その他

Google Postmaster Toolsを使ってGmailへの迷惑メール率を確認しよう

多くの人が利用している、Gmailにメールが届かないと困りますよね。

Google Postmaster Toolsは、Gmailへ配信しているメールの配信エラー、迷惑メール報告された数などを確認することができる無料のツールです。

2024年の2 月から、Gmail送信者のガイドラインが厳しくなります。迷惑メール率が高いと届きにくくなるようですが、この迷惑メール率の確認もGooglePostmasterToolsで可能になります。

また、このツールでGmail送信者のガイドラインに即しているかのチェックも今後可能になるとのことですので是非利用し、メール配信の到達率の改善につなげましょう。

目次

  1. 利用条件
  2. 設定方法
  3. できること

1. 利用条件

  1. 利用するドメインの所有者で、ドメインの操作が可能なこと。
  2. DKIM、またはSPFにドメインが対応していること。

2. 設定方法

1)下記のURLにアクセスします。
https://gmail.com/postmaster

Get Started ボタンをクリックします。

2)確認するドメインを入力します。
 

3)ドメイン所有者の確認のための、コードが表示されます。
 このコードをコピーして、4)ドメインの設定をおこないます。


4)ドメインの設定

ドメインを管理してるサービスにログインします。

例)ムームードメインの場合

ドメイン操作>ドメイン一覧>設定するドメインをクリック>

画面中程のムームーDNSのセットアップボタンをクリック

txtレコードを追加し、
先ほどコピーしたコードをペーストします。

保存します。

5)ポストマスターツールで 「所有権を証明」ボタンをクリックし、通化すれば設定完了です。 

3. できること


ポストマスターツールでは2024年1月現在下記項目の確認が可能です。

1)迷惑メール率

アクティブ ユーザーの受信トレイに配信されたメールの件数のうち、ユーザーが迷惑メールに分類した件数の比率が迷惑メール率として表示されます

2)IPのレピュテーション

このドメインが設定されているサーバーのIPの良し悪しが表示されます。レピュテーションが高いと到達率があがります。
  
3)ドメインのレピュテーション

ドメインのレピュテーションの良し悪しが表示されます。レピュテーションが高いと到達率があがります。

4)フィードバックループ

Gmail迷惑メールフィードバックループをすると、
ここから問題が報告された識別子とその迷惑メール率を確認できます。

5)認証

SPF、DKIM、DMARC での認証に成功したメールの割合

6)暗号化

TLS で正常に認証されて(Gmail で)受信したメールの割合


7)配信エラー

認証されたすべてのトラフィックのうち、拒否されたメールまたは一時的にエラーになったメールの合計の割合を確認できます。

詳しくはこちらをご覧ください。